ユーザビリティの向上

ユーザビリティというのは、「使いやすさ」のような意味です。
Webサイトを作る際は、ユーザーにとっての使いやすさに配慮しないと、多くの人にサイトを見てもらえなくなります。
Webサイトを見ているときに、なんとなく「このサイトは使いにくい」と思ったことはないでしょうか。
また、文字のサイズが小さかったり、改行が不自然だったりする「見にくいサイト」というのもあります。

Webサイトのユーザビリティを向上させるには、日頃から多くのサイトを見て、使いやすいサイトについて学ぶことです。
ネットの質問掲示板などで、どんなサイトが使いやすいかをたずねてみるのもよいでしょう。
人によって好みのサイトというのは異なりますし、使いやすさよりサイトの内容を優先させる人というのも多いものです。

しかし、多少の使いにくさはあるにしても、使い方がよくわからないサイトというのは困ります。
その場合は、わかりやすいところに「サイトの使い方」のように表示しておく必要があります。

サイトの中に、質問コーナーやコメントを書き込めるコーナーを作って、そのサイトを訪れるユーザーの意見を聞くのもいいです。
ユーザビリティを考える上で最も重要なことは、あなたのサイトを利用する人にとって役に立ち、ストレスなく操作できるサイトを作ることです。
トラブルが起こったときのことをまったく想定せず、連絡が取れないようなサイトというのは、トラブルが起こったとき、一気に優良顧客を失うおそれがあります。


≪Special Link≫
Webサイトの入力フォームのユーザビリティを向上させるEFOというサービスです→ EFO

Copyright © 2014 Webサイトのユーザビリティを向上する方法 All Rights Reserved.